<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

オフ会・・

d0051614_11742100.jpgパピヨンクラブ・パパママ会のオフ会に参加して来ました。ケンはお留守番でチコとラックが参加しました。オフ会とはPCメーリングメールなどで普段交信し合っているパピヨン飼育者が一堂に集まって楽しく歓談する会です。全国に沢山の支部がありますが、このパパママ会はメーリングのメンバーだけでも500名近く参加しています。昔は今ほど街にパピヨンを見ることが出来ませんでした。街の動物

d0051614_1235543.jpg病院も数える程しかない頃、パピヨン愛犬家はニフティーフォーラムなどを使ってパピヨンに関する飼育情報を全国のメーラーと交信していました。普段はPCメール通信で交信しているパピヨン愛犬家が定期的に通信ではなく一か所におちあい楽しく歓談してパピヨンの飼育情報を交換する会がパピヨンオフ会の始まりです。パパもママも、もう大分長くオフ会に参加し続けています。参加続けている理由は沢山

d0051614_1303255.jpgパピヨンに会えるから・・・ただ、それだけの楽しみで長く参加しています。今までに大変な数のパピヨンちゃんに会って来ました。「よく続くね~何が楽しいの?」と犬を飼っていない友人からはよく冷やかされますが、ともかくパピヨン見ていると楽しいのです。毎日、我がパピヨンは、大きな瞳と大きな耳で私たち人間をムクな気持ちで見つめてくれます。家に帰ると玄関で体全身を使って3年も会っていなかったように出迎えてくれます。台所でも、リビングでも、必ずついて来てチョコンと座って見つめてくれます。いつも潤んだ瞳で家族を見つめてくれています。そんな彼らに、私たちは、いつも都合のいいように彼らに話しかけます。しかも都合のいいことに彼らは言葉を話しません。つまり、いつも我々人間の良き話相手になってくれるのです。そして寝る時は彼らの天下逸品の素晴らしい寝顔を見せてくれるのです。こんな素晴らしい人生の伴侶に巡り合えた喜びを神にただ感謝するのみです。
d0051614_1474070.jpg

by papikenmama | 2009-09-27 23:18 | パピヨン

1,100Kの旅・・

d0051614_1502299.jpgお友達のお誘いで航空公園に遊びに行きました。九州から車で来た、よかパピ支部の方も加わり秋のそよ風に当たりながら公園を散策したり、カフェでお茶して楽しく歓談しました。ココロケット&リリジェットさんたちは、福岡から車で高速を使って約24時間かけて東京にパピちゃんとやって来ました。幾度も愛犬のため休憩を重ねて来たそうです。

d0051614_15133886.jpgココちゃんとリリちゃん、そして6ヵ月で5Kgのネネちゃんの三匹と一緒に長い車中の旅の疲れもなく元気に公園のドッグランで遊びまわっていました。カフェでの話題は、どうしても片道1,100Kの旅をして来たココロケット&リリジェットさんたちのドライブの話になりました。特に驚いたのは、現在利用されている格安の高速道路料金システムです。福岡を出て東京に着くまでの高速道路代がなんと、片道2,100円だけの有料道路代で済んだという話には一堂

d0051614_15211017.jpgビックリ!愛犬との長距離ドライブが今が旬!この有料道路の安さでは、パピヨン乗せて全国縦断ダーツの旅も夢ではなくなったかも?と話の話題が大きく膨らみました。大きいといえば、ネネちゃん(左画像)の体重・・まだ6ヵ月と言うのに5Kです。でも性格は、とてもおとなしく優しい表情と可愛いお目目に一堂、改めて感心することしきり・・これからも元気で健やかに育ってくださいね。夕刻、ココロケット&リリジェットさんたちは、東京の秋空を惜しむように、再び福岡目指して帰路に着きました。

d0051614_1536259.jpg

by papikenmama | 2009-09-22 23:58 | パピヨン

お祭り!

d0051614_17343130.jpgお祭りです!チコもラックも近くの町内会の集会場へ向かいました。今年も愛犬には何もお祭りプレゼントがないのですが、人間のお子さんには子供神輿などを担ぐとお菓子や飲み物を町内会からプレゼントしてくれます。もっとも、この町内会、お子様がもともと少ないため、子供神輿をかつぐ子供たちはお隣の町内会からの応援軍団です。今年、この町内会から小学校に入学したのは、わずかにお一人。それも外国人のお子さんです。当然、大人用神輿も神田神輿会からの外部応援軍団です。神輿を担ぐ時間になると町内集会場駐車場には遠方から来られた担ぎの鉄人方の沢山の車で埋まります。そでも地元町内会の幹事さんたちは、なんとか祭りを盛り上げようと少ない人数忙しく動きます。パパも数年前、年甲斐もなく神輿の鉄人に混じって

d0051614_17511855.jpg町内から東急109まで交代で担ぎましたが、担いだ後に肩の皮はむけるは、腰は痛めるやで、神輿後遺症が2週間続き、家族の苦笑をかいました。たかが神輿とあなどってはいけません。この町内会の神輿でも重さ約1トン。担ぎ手が80人で最終目的地、東急109まで交代で練り歩くには涼しくなった秋の気候の祭りと言えども汗びっしょりの一仕事です。ましてサラリーマンオジサンのマショマロみたいな柔い肩には、鋼鉄のようにずっしりと体に重みが差し込んで来ます。神輿の鉄人さんたちの肩は硬いです。
d0051614_1813156.jpg

by papikenmama | 2009-09-19 17:34 | パピヨン

下北の秋・・

d0051614_16404922.jpgやっと時間が空いたのでママがお友達に会いに下北に出かけるというのでパパもチコとラックと一緒にお邪魔虫で付いてゆくことにしました。下北は若い頃ママと一緒に住んでいた街。まだ、チコもラックもいなかった頃です。お友達と会う前に昔懐かしい町並みを見てあるきました。駅前の踏み切り前の銀行はスパーになり、ママと待ち合わせした駅前のドトールコヒー店は小田急線の地下工事のためになくなっていました。商店街も微妙にレイアウトが変わっていました。土日になるとパパが散歩がてらに捜し求めた中古音楽レコード店も減っていました。衣料店もカフェも出入りがあったようで新しい古着店やアウトレッド店が増えているようでした。変わらないのが駅前の長い開かずの踏み切りと本多劇場・・そしてラーメンのM亭。ジャスレコードを聴いた昔ながらの某喫茶店。変わってないようで微妙に変わった下北の商店街でした。

d0051614_16591524.jpgそして以外に増えたのが愛犬と入れるカフェレストランです。商店街以外にもちょっと奥に入り込んだ住宅地の静かな中に落ち着いた愛犬と同伴できるお店が多く出来ていました。心地よい秋風が吹き抜ける店内は程よい座席をスペースが確保され友人たちと、つい長話をしても店員の方が気持ちよく応対しくれるお店が増えました。住宅地の愛犬カフェ・・癒しのひと時・・安らぎました。写真(下)はお友達のお子さんとデート?をするご機嫌のラックです。

d0051614_178194.jpg

by papikenmama | 2009-09-13 22:42 | パピヨン

忠犬について

d0051614_855478.jpg有名な忠犬ハチ公の銅像前で3匹を座らせました。パパの願いは、この3匹が忠犬ハチ公の爪のアカでも嗅いで少しでも、食べ物以外の分野でも飼い主の指示に忠実に従ってくれることを願って写真を撮りました。ドッグフードや大好きなささみフードをゲットするまでは彼らは大変に飼い主に忠実です。しかし、一度食べて満腹になると、もうそれそれ勝手に行動する傾向が最近目立ち始めました。ラックは食後にすぐにボールで遊べといい、チコは自分だけを散歩に連れてゆけと言い出し、ケンは何も動かずの君で寝てしまいます。涼しくなった秋からは、3匹がまとまって行動するようパパは再教育することをハチ公の銅像に誓ったのでありました。それにしてもハチ公は偉いですね。自分の主人をいつまでも待ち続けるなんて・・うちの子供たちは、きっとこのままパパが3匹を置いて離れても、ここぞとばかり、おいしい匂いのするフード店の前でパパの事を忘れていつまでもよだれをたらして座っているかも知れないです。(笑)忠犬ハチ公のお墓は青山墓地にあります。また訪ねましょう。

d0051614_826768.jpg

by papikenmama | 2009-09-06 23:04 | パピヨン

ひまわり・・

d0051614_7503865.jpg母が亡くなって満6年が経ちました。母は、ひまわりの花が好きでした。人と話すことが好きでした。文章を書くことも好きでした。父が亡くなった後、生前の母は自分の時間の余暇を少しづつ自分のために使い始めました。映画を見たり、本を読んだり雑誌を見たり・・・その中で母が一番楽しみにしていたのが人に送る書く手紙だったと思います。母にとって書くと言うことは青春そのものの思い出だったようです。母は若い頃から父や子供たちが気づかない中で相当数の投稿を新聞や雑誌にしていました。採用された記事は相当数にのぼります。投稿のテーマは母の日常的な生活観あふれる事柄を記しているものが主でした。あらためて母のスクラップノートを見るとそれら投稿が相当自分にとって

d0051614_0452796.jpg楽しみであったことが伺えます。最近の新聞や雑誌では、読者欄や特集ご意見欄コラム欄が少なくなりましたが、母の若い頃には、投稿者の意見が掲載してもらえる紙面が多くあったようです。。今のようにブログやインターネットがない時代です。当時は自分の書いた文章が大勢の人に読まれる機会は、やはり新聞や雑誌の掲載記事しかなかったようです。忙しい生活の中で自分が投稿した記事が多くの読者に読まれる事を唯一の楽しみにしていた母の一面を改めて感じ、当時の記事スクラップ集を読み返す機会となりました。

d0051614_315254.jpg

by papikenmama | 2009-09-05 23:26 | パピヨン

我が愛妻とパピヨン犬3匹の日記でしたが今では、我が家にチコ一頭のパピヨンになりました。今日もパピヨン抱いてママが行きます。 LastUpdates:2009/12/12-2018/03/01


by papikenmama
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る