<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

食べれない辛さ・・

d0051614_2144027.jpg愛犬が一緒にいると、入りたくても、入れないお店があります。特に評判の良い美味しそうなレストランで、愛犬が同伴出来ない場合は、辛いも思いがあります。
お店の外で、しばらく愛犬だけを待たせておくのも可愛そうです。そこで、パパとママが交互にお店に入り、片方が愛犬とお店の外で食べる事も検討しますが、やはり、それでは、外で待っている事を思うと、落ち着いて食べる気

d0051614_21544626.jpgになりません。犬を飼っていらしゃない方々からは、「そんなの気にしないで、人間だけで食べに行けばいいじゃないですか?」とよく笑われます。でも、それが出来きません。(笑)一度、あるお店で愛犬を待たせて食べた事がありますが、やはり落ち着かず食べてた気がしませんでした。ミシュランが日本で三ツ星のレスランや和食のガイドブックを出して、もうしばらく経ちます。ミシュランさん、今度は、愛犬同伴の美味しいガイドブックを作ってくれないでしょうか?

d0051614_2245542.jpg

by papikenmama | 2008-01-22 21:45

帰って来た3匹・・

d0051614_054526.jpg我が愛犬が帰って来た。もう何度も、飛行機に乗っていうのに、やはり飼い主から離れてカゴーに乗るには3匹とも嫌らしい。一番歳上のケンが最初の飛行機に乗った時は、家族の皆が心配して搭乗していたのだが、チコ・ラックと家族が増えて来ると、飛行機に乗る度に早々、心配もしていられなくなった。理由は簡単でケンの時は一匹

d0051614_14060.jpgだったが、チコ・ラックと増えるにしたがって一緒のケージに入れる事で少しは、寂しくない・・と家族が思いはじめた事にあります。搭乗手続きも、もうだいぶ慣れて来ました。人間の手続きを早めに終了し、愛犬とはギリギリまで一緒にいてあげられ様にも工夫できる様にもなりました。しかし、当のご本人たちは、いたって不機嫌。

d0051614_1131792.jpg当然です。狭いゲージの中で聞きなれないジェット音や振動を聞きながら過ごさなければならないのですから・・左の画像は空港ビルから出るケンとチコとラックです。「こんな所にいると、またジェット機に乗せられちゃう!早く逃げろ!」と言わんばかりの歩き方です。シンガポールとオーストラリアの路線にエアバスの2階建てジェット旅客機が就航しました。超大型機だけにペットを預かる与圧室も通常の飛行機に比べて静かだとの記事を雑誌で読みました。日本の国内線に2階建てのエアバズが飛ぶ話はまだ聞いていません。愛犬にとって快適な静かな空の旅は国内線では、まだまだ先の話の様です。
d0051614_1343576.jpg

by papikenmama | 2008-01-14 23:44

人も犬も優しい瞳・・

d0051614_1551961.jpg公園の小雨の土曜日朝、8時頃・・人影もまばらな売店前の広場に一群れのグループがマラソンの準備をしています。その横で動かず静かに眺める盲導犬。それも、ランナーの数分の頭数がいます。これから盲人の方々のマラソンが公園内のマラソンコースで始まります。
d0051614_930265.jpg盲人ランナーの方が健勝者の方と同伴して走る、盲人の方々のマラソン練習の始まりです。この準備が公園売店の前で行われているのです。同じマラソンを走るなら、目のご不住な方と一緒に走ってやろうという優しい方々の支援の優しいまなざし・・
それを静かに見つめる盲導犬のやさい瞳・・見ているだけで、心が暖かくなる風景です。健勝者の無償の奉仕活動・・それを嬉しそうに笑顔で受け入れる盲人の皆さんの姿・・頭が下がる思いです。


d0051614_9572413.jpg
忙しい中、主催者の方のお話を伺う事ができました。メンバーの皆さんは180名を超えて、マラソン会場は、公園に及ばず、遠くは宮古島のマラソン大会に出向く時もあるそうです。
ここに集まる皆さんは、人も犬も優しい瞳・・だらけです。そんな土曜日のパパのお散歩時間でした。
by papikenmama | 2008-01-12 01:58

夜空の向こうに・・

d0051614_1282448.jpg初めて手にしたカメラはパパが小学生の頃、父に買ってもらった、おもちゃカメラでした。ちゃんとフィルムが入りプリントが出来ました。昼はそこそこ写りましたが、夕方になると完全のお手上げです。ガラスレンスではありましたが、F値が暗すぎました。子供の頃は見上げるときれいな夜空・・この夜空が撮れたらいいのにと何度も夜空を見上げたものでした。
d0051614_136119.jpg
それが、今ではコンパクトデジカメで簡単に暗い夜空も撮れる時代です。上の画像は入院している友人を見舞いに行った時、帰りの東京の夜空です。友人もカメラ好き。入院中は病室でカメラをいじる機会などないと思っていた当方の予想に反して、彼は大きな一眼デジカメを枕元に置いていました。「病室などで撮るものないだろう?触っているだけか?」との問いかけに彼は笑顔で答えました。「それがさ!夜、こっそりと静かに、窓の隙間からレンズ出して夜景を撮っているんだ。プリントも病院の売店で頼めるし・・同じ角度から毎日夜景を撮っていると微妙な色合いの変化が判って面白いよ。平日と土日では空気の澄み方が違うしね。それだけ車の交通量が違うだね。」友人は嬉しそうに撮った写真のプリントを当方に見せてくれました。そんな病室での会話の帰り、友人の嬉しそうな写真をパパに見せてくれた笑顔が忘れられなくてパパも返りの夜空にレンズを向けた1枚です。
by papikenmama | 2008-01-11 01:27

久しぶりにブログ書き込み・・

d0051614_181897.jpg新しい年になりました。今年もよろしくお願い致します。久しぶりのブログの書き込みです。しばらく書き込みをしなかったので、友人から、どうかしたのか?とたずねられた事もありました。確かに、しばらく書き込んでいませんでしたが、大意はありません。しかし、今晩も、ある遠方の友人から、「元気なの?」との問い合わせ・・

あえての理由を言うなら、やはりママの妹の突然の死をきっかけに、少し自分の年齢に比例して夜間のブログ書き込み時間を短縮して愛犬へのふれあいに時間を増している事かも知れません。でも、書き込みを休んでいる間、当方が思っていたよりも、遠方の方々が、このブログを覗いて頂いている事に改めて再認識させられました。ありがたい事です。ただ、今年も、このブログのタイトル通り、亀の子UPのブログである事は、残念ながら今年も相変わらず変わりありませんね。(笑) W&Mさん、その点のところは、ご勘弁くださいね・・
d0051614_131374.jpg
年始、ある日の早朝、愛犬と公園の散歩道を歩いていると、付近を同じく散歩していた親子の会話が冷たい冬の空気を通して聞こえてきました。
子:「パパはなぜ?犬を飼う事は反対なの?ママは飼っていい・・って言っているのに・・」
父:「犬を飼うと、ママはパパより犬の方を可愛がり、ママはパパを愛してくれなくなる。」
子:「ふ~ん・・犬って、ママの愛情をそんなにパパから奪ってしまうんだ・・」
父:「犬を飼い始めた家族のパパは、皆、言っているらしい・・」
子:「そんな事ないよ・・」
父:「嘘だと思うなら、この付近を散歩しいているお父さんたちに聞いてごらん!」
そんな会話が聞こえた来た瞬間、なぜか、散歩している自分の歩き方が急に小走りになったことに気づきました。
d0051614_20509.jpg
年始早々、飛行機に乗る我が愛犬。いつもの様に3匹一緒のゲージに入る予定が、突然、ケンが拒否反応。このゲージには入りたくないと抵抗しました。3匹の中では、一番フライトに慣れているケンが珍しく搭乗前の反抗期・・やむなくケンだけを別ゲージに入れて搭乗してゆくきました。歳を取るとガンコになるのは人間様と同じですね。(笑)
by papikenmama | 2008-01-08 20:56 | パピヨン

我が愛妻とパピヨン犬3匹の日記でしたが今では、我が家にチコ一頭のパピヨンになりました。今日もパピヨン抱いてママが行きます。 LastUpdates:2009/12/12-2018/03/01


by papikenmama
プロフィールを見る
画像一覧