<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パピヨン・カフェとY子さん

d0051614_623417.jpg2月12・12日と2日間に渡って渋谷2丁目でオープンしたパピヨン・カフェが多くの皆さんのお陰で無事終了致しました。短い準備期間の中で、素敵な仲間とパピヨン大好き人間さんたちが、集まり楽しく歓談して頂きました。メニューを準備された皆さんやスタッフとしてお集まり頂いた皆さんには、ただただ感謝の一言です。ありがとうございました。今回も、大好きなパピヨンのためなら、え~やコラ!とハイパワーを皆さんが出して頂いて、実現出来たカフェです。ほんとに、皆さんのパワー凄いですね。驚きました。そして今回の主役である、ご来店頂いた愛パピファミリーの多くのお客様と一般のお客様・・ほんとうに、ご来店ありがとうございました。楽しかったです。


d0051614_6121370.jpgそして、来店頂いた方や、スタッフの中に、パピケンが、今年も、パピヨンのために元気でがんばって頂きたい方が多くいらしゃいました。どんなに、パピヨンを思っても、肝心の飼い主さんが元気でなければパピヨンちゃんも心配です。飼い主さんの笑顔があって、パピヨンちゃんも安心して可愛い瞳で飼い主さんに寄り添ってくるのです。そんな思いで開いたカフェです。お陰様でパピヨンカフェの2日間は、いつも笑いが絶えず、働く人も、お客様も、とても楽しいワン子カフェとなりました。
本格的にご用意させて頂いたスタッフ・メニューも大好評でした。嬉しかったです。愛パピちゃんたちとの小さな一つの夢・・スタッフとご来店の皆さんのお陰で実現出来ました。この2日間、体調不調で来店するか、しないか、迷っていたY子さん、パピケンは、お店の入り口でラックを抱いて暫らくお待ち申し上げていましたが、結局、こられなかったですね。まだ、お加減、よくなれていないのですね。お体、お大事に・・ライブ演奏して頂いたタックパパ&ママさん、大変、ありがとうございました。

d0051614_6312119.jpg


素晴らしいスタッフの皆さんに感謝です。
by papikenmama | 2007-02-14 06:02

たっぷりチコと・・・

d0051614_2323933.jpg昨日は、久しぶりにチコを連れて新宿の大きなカメラ屋さんに来ました。ラックはお留守番です。時計売り場・カメラ売り場・プリント出力をほぼ、1時間を費やしてパパとショッピングです。店内はチコを抱いていれば、ほぼ自由にワン子と一緒に動く事が出来ました。ママもいない、ラックもいないチコだけとパパの時間です。本日からは、渋谷でパピヨン・カフェを2日間でだけオープンです。カフェの好きな方が集まり、皆さんで作るお手製のメニュー。そして音楽とライブ。ラックの骨折で一時は、諦めかけた企画ですが、皆さんが準備応援してくださったお陰でオープンにこぎつける事が出来ました。そのカフェに飾る写真プリノントも、この日ピックアップしました。今回は、お店のムードにあわせレコードジャケットフレームを試みる事

d0051614_2434926.jpgにしました。考えてみれば、チコとこうして二人だけで、時間を過ごすのは、本当に久しぶりです。ラックが我が家に生まれ、チコも育児に遊びに、常にラックと一緒に過ごしていますが、ハイパー・ラックの動きには、怪我をしても、動きすさまじく、あまり付いてはいかない右前足まで、たまに着いて部屋を走ります。今日は、ラックをケージに入れて、ラックが退院後、初めてチコとの買い物でした。「そうか・・チコは、お母さんになってから、パパを独占してこうして出歩くの初めてか・・」そんな言葉をチコに話しかけるパパですが、チコは久しぶりの新宿の人ごみに多少、興奮気味にパパの前をラックのいないのびのびとした歩道を気持ちよく散策していました。パピヨン・カフェ・・是非、皆さんもお立ち寄りください。素敵なパピヨン愛犬家が準備した美味しいメニューと音楽で皆さんをお待ちしております。開店は今日と明日の2日間だけのオープンなのです。

d0051614_2594762.jpg


何故か両国へ・・
by papikenmama | 2007-02-11 02:32

喜びの日・・・

d0051614_76028.jpgラックが病院から退院して来ました。待ちにまった日です。家に帰る途中、久振りにエリザベスを取ってラックの顔を街の外の空気に触れさせてあげました。ラックのとっての久しぶりの外の風です。風が少し冷たかったのか、ラックはしばらく目をつぶっていました。
ラックにとっては、短くもあり、長い入院生活でした。パパとママは1日も欠かさず、病院にラックを見舞いに行きました。ラックと面会が重なれば重なるほど、ラックに対するいとしい思いがつのりました。
ラックと面談して病院を離れる時、必ず、ラックは、「クン!」と小さな声でパパとママに帰らないコールで泣きました。その声を聞くたびに、早く退院の日が来ないかとママと願っていました。

d0051614_7225750.jpgチコと再開したラックは、安堵した様に我が家のいつものマットの上で深い眠りに入りました。やはり、我が家が一番なのでしょう。ラックの大好きなイチゴを一粒上げてみましたが、まずは、眠りたいのか、細めでイチゴを見つめながら、再びチコのお尻の下で深い眠りに入ってゆきました。パパは、夕方は、渋谷で開催中の星空喫茶に立ち寄りましたが、ラックが自宅に戻った日とあって、格別に美味しいコヒーの味となりました。 さあ!来週はパピヨン・カフェです。

d0051614_7281365.jpg


チコとラックの久しぶりのご対面!
by papikenmama | 2007-02-04 07:06

パピヨン・カフェ・・

d0051614_5162944.jpg今日もラックのいない静かな我が家が続いています。やはり、ハイパー・ラックが部屋を走り回っていないと、我が家らしくありません。(笑)左の画像は、ラックが怪我をしない最後の姿をデジカで収めた画像です。撮っているカメラのシャッターがブレる程、無理やり、抱きついて我がままに動いているラックの姿です。ハイパー・ラック健在の晩でした。本日は、入院している病院がお休みの日。お見舞いも行けません。ハイパー・ラックは、狭いサークルの中で、何を考えながら1日を過ごすのでしょうか?11ヶ月のラックにとって、自分がケガをした認識は、当然あるのでしょうが、病院の狭いサークルに中で、なぜ?自分が閉じ込められているのか?その事、自体は意外と理解出来ていないかも知れません。

d0051614_5261170.jpg毎日、見舞いに行くと、帰る時に、ラックは、キャンキャン泣く様になりました。「あれ!またボクを置いてくの?」そんな声で泣きます。おば~ちゃんは、その後1回、ラックを見舞いに行きましたが、帰りのそのラックの泣き声を聞くのが、つらいと言って、もう、行きたくないと言っていますが、いざとなると、また見舞いに、出向いてくれるのです。ラックの見舞いに1日、3人のお邪魔虫。病院にご迷惑と知りながら、つい、出向いている我が家族です。ラックのいない朝、夕のチコのお散歩も慣れて来ました。外で散歩している時のチコは、ラックの事など頭にない様に歩いていますが、散歩を終えて部屋に戻ると、やなり、気になるのか?ラックと一緒に入っていたサークルの中を嗅ぎまわっています。チコも、なぜ?ラックが突然いなくなったのかが、理解が出来ていないのでしょうか・・

ラックがケガをする事など、考えてもいなかったパパとママは、2月12・12日の連休に、渋谷のcafe店を貸し切って「パピヨン・カフェ」を2日間、運営する企画を年末から準備していました。所が、この企画に賛同するパピヨン愛犬家を募る直前に、突然のラックのこのケガ事件です。ラックのケガの治療に専念することもあり、この企画を延期しようと、一時は考えましたが、「ラックは、うちにいても当分の間はサークルの中で動かせない様に・・」との先生の言葉と、おば~ちゃんが、見てくれるとの話で、勇気づけられ、メニュー規模を縮小にして開催する事になりました。ラックも2月でちょうど、1才になります。「パピヨン・カフェ」を開いて伽藍万丈?のラックの誕生月を祝ってあげたいと思っています。

d0051614_5503636.jpg


今日のラック・・・
by papikenmama | 2007-02-01 05:19

我が愛妻とパピヨン犬3匹の日記でしたが今では、我が家にチコ一頭のパピヨンになりました。今日もパピヨン抱いてママが行きます。 LastUpdates:2009/12/12-2018/03/01


by papikenmama
プロフィールを見る
画像一覧