<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

浜の1日・・・

d0051614_551033.jpg昨日は、朝から、横浜・石川町にある「ストロベリー・ワンゴン」さんにお邪魔にあがって、ママと開店前の行列に並びました。開店12時前だと言うのに、お店の階段には、既に数十人の熱心な愛犬服ファンの方が、開店今か?遅しと並んでいました。この日は、ここ、ストロベリー・ワンゴン」さんの店内で、秋のスペシャル・イベント「愛犬服・人気参作家による先行新作服販売会」が開催され。その人気愛犬服をGETしたい小型愛犬家に皆さんが大勢集合したのです。その列に、我がママさんと何故か、パパが並ぶ事になりました。開店のドアが開くと、あとは、もう、店内は熱気ムンムンの試着&GET大会。

d0051614_612250.jpg午後は、同じく横浜・山手町で開催されている、Momo's Gallery パステル画展(ペットアート展)にJiottoファミリーとお邪魔に上がりました。今回は、パピヨンに限らず、他犬種のパステル画も加わったパステル画展覧会でした。秋の横浜で、静かなパステル画を眺めた後、展覧会前の野外ベンチで記念撮影をしました。

d0051614_665337.jpg

by papikenmama | 2006-11-27 05:52

カフェ・仲間・・

d0051614_64463.jpg昨日は、チコとラックを連れて、代々木公園に連接するのワン子・カフェに行きました。天候も寒くなって来て、バッグに入るチコもラックも、ちょっと寒そうでしたね。
ラックは、相変わらず、バックに入ると、早く出せ!出せ!コール。(笑)「元気なボックは、この狭い所が、イヤなのだ!」と言わんばかり・・(笑)

d0051614_695875.jpgカフェ・仲間は、ドッグラン仲間さん。偶然、お店に来店したYさんは、当方のHPをよくご覧になっている方。
昔の富士通フォーラムの話まで飛び出す、なつかしの懇談となりましした。外は、天気がよく
店内にいるのは、もったない日でしたが、今日は、ドッグラン仲間さんとの久しぶりの情報交換会。

d0051614_6243063.jpg楽しい話についつい、長居をしてしまいました。ここのお店は、1階がカフェ・・2回が美容院となっています。ランチライムのメニューも美味しかったです。半年前に比べて、愛犬同伴の利用者も多く店内の広さも、ちょうど手ごろに見渡せるスペースです。今年、このお店の近くに、ドッググッズ店がオープンして、今日は、そのお店の店主の方ともお話を歓談しました。

d0051614_630528.jpg歓談は、最近の代々木公園のワン子事情の思わぬ話が出て、これも、仲間の話題になりました。
最近のチコは、愛犬仲間とカフェで懇談している時は、妙に落ちついて見える様になりました。傍で、動きの激しいラックと対象的です。また、その事が妙にチコが大人じみて見える様にもなって来ました。可愛いです。

d0051614_6375338.jpgランチが終わってコヒータイムになった時、Kさんが、突然、Sさんの愛犬が亡くなった話を切り出して来ました。驚きました。まったく知らなかった話・・・そんな話は、一言も、言わなかったし、連絡もなかったSさん・・それほど、ショックが大きかったかも知れません。2週間前までは、笑顔でドッグランでお会いしていたのに・・

d0051614_6431112.jpgしばらく、無言の時が続き・・Kさんから、「ちょっと、ご自宅に寄って様子を見てくるかな?」とのご提案。長野から上京し、娘さんとご一緒の仲むつましい生活も、娘さんが亡くなり、わずか、3年での楽しい生活から、愛犬と公園散策だけが唯一の楽しみの癒しの東京一人暮らしへ・・「Kさん・・フォロー方、よろしく・・」と小さな声で・・

d0051614_653018.jpg

by papikenmama | 2006-11-26 06:12

防災訓練・・

d0051614_0152368.jpg今日は、マンションの防災訓練の日。各戸のインターホンから、「ただ今、地震が発生し、火災がマンション内で起こりました!」との管理室からの警告アナウンスに、用意していた住民の皆さんが、一斉にマンションの中庭の集合して点呼を取り合います。このマンションの管理組合のペット委員長でもあるパパも、チコを抱いて防災訓練に参加しました。当マンションは250戸のうち、ペットを飼っている戸数は、約1割の24戸です。我がマンションは、世田谷区で初めて、管理規約に「ペットを飼えるペット飼育条例」を管理規定に盛り込んだ事でも、区内の消防関係者や区役所からも、知られているマンションです。今では、新築のマンションでも、ペットを可とする管理規定を運用している所は、めずらしくありませんが、当時

d0051614_0293561.jpgは、ペット可としているマンションは、大変少なく、よく、「ペット飼えるのですか?」と、聞いた人たちは、私たちの話を聞いて、驚いた人も少なくなかった様です。大きな地震があった時、我々、愛犬家は、まず、愛犬を抱いて逃げる事を第一としなけらばなりませんが、実際は、結構、大変な様です。

d0051614_0342675.jpg神戸大震災の時は、多頭飼いの愛犬の家では、地震の揺れで、ほとんどご家庭の方が、すぐ、愛犬を抱けなかったと報告されています。でも、愛犬をしっかり抱いて、安全に逃げ出せなければなりません。消防所の方もお話をお伺いすると、やはり、お散歩バックには、お水と多少のフードを用心のために、詰め込んでいた方がよさそうですね。

d0051614_041959.jpg
緊張の中で、消防所の人から、説明された防災非難時の説明ポイントは、大変、参考になった事柄でした。訓練には、ラックも一緒させたかったけれど、まだ、落ち着きがないので、今回は、お部屋でお留守番と致しました。、真っ赤な大きなハシゴ消防車は、チコには、どの様に見えたのでしょうか?
by papikenmama | 2006-11-23 00:18

朝の散歩と・・

d0051614_23295267.jpg今日の朝の散歩は、X’masシーズンを迎えた、花屋さんに着きました。チコとラックが見た、目にも鮮やかな鉢花の陳列・・・・「もう、X’masだね・・・」と、チコとラックに話しかけても、我、関せずの二人。ガソリンスタンドのお兄ちゃんに、リードを持たれても、これも、我、関せずの二人・・なぜか、朝の散歩で、二人が目指すのは、公園の植木棚の近くの電信柱です。どうも、最近は、この電信柱がお気に入りで、ここに、来ると、二人とも、なぜか?○ンチ・タイムなのです。どうして、ここに来ると、○ンチ・タイムなのか?パパにも、よく判りませんが、どうも、ここへ、来ると○ンチ・ライム・・(笑)パパは、いつか、この原因を見つけだそうとして、よく観察しているのですが、まだ、判りません。

d0051614_23401358.jpgリード持ってくれた、ガソリンスタンドのお兄ちゃんは、嘆く事しきり・・それは、ガソリンが、また、安くなった事。「一時は、145ぐらいの時があったのに・・今では・・・」と・・・。確かに、この落差は大きいですね。「ガソリンの値上げや値下げは、あっても、動かないのが、ボクの給料・・」そう言って、パパにチコとラックのリードを戻してくれました。そう言えば、今日の東京も暖かだったですね。夜の散歩も、まだ、厚着でなくて済みます。チコもラックも、まだ、散歩で洋服も着せず、ゆとりもって、散歩させる事が出来ます。ラックにとっては、初めてのX’mas・・鮮やかな花の色合いや、街行く人々の忙しない風景が、小さな瞳に、どう、写っているのでしょうか?ラックのX’mas洋服をそろそろ買わなくては・・

d0051614_23512428.jpg

by papikenmama | 2006-11-22 23:31

ラックのご入浴・・

d0051614_6115541.jpg昨晩、ラックをシャンプーしました。シャンプーするのは、ママで、パパは小道具準備係りです。ドライヤーの準備や、タオルの準備など、パパなりにがんばっているのですが、ママに言わせると、「要領が悪いわ・・」とのご指摘。ママの指示通り動いているのに・・(笑)

d0051614_6154115.jpgラックをシャンプーして、つくづく感じるのは、ラックの頭の小ささです。普段は、沢山の毛に囲まれていて判りませんが、シャンプーして毛をねかせてみると、PCのマウスの大きさぐらいしかない頭に気がつきます。「こんな小さな頭で、色んな事、考えているのだ・・それに比べ、パパの頭は、ラックの何倍も大きいいのに、ただ、重たいだけで、脳がないのかな?」と思わずラックを風呂場で抱きながら考えてしまいました。(笑)パピヨンの小さな体と小さな頭で、1日1日精いっぱい動いて、我々を見つめてくれていると思うと、またまた、可愛く思ってしまうパパでした。シャンプーで濡れているラックの顔は、まるで、グレムリンの様です。ラックをドライヤーで乾かし、毛玉などをとって落ち着くまでに子一時間・・大変でした。

d0051614_6231254.jpg

by papikenmama | 2006-11-21 06:13

見つめるコーヒータイム・・

d0051614_235213100.jpg今日は、朝から雨模様・・チコとラックのお散歩の途中、パパは、いつものレストランで朝のコヒータイム。この休日のこのお店でのコヒーからパパの休日が始めるます。所が、このお店は、残念ながら盲導犬以外は、入店禁止・・そこで、パパは、5分間のショートコーヒータイムを楽しみます。お店の入り口に、チコとラックを結びつけて、彼らを見ながら、あわててコーヒーをすすります。このお店で、そこまでして、あえてコヒーを飲むのは、実は、ある訳があります。ここの店員さんのスタッフの一人が九州の実家でパピヨンを飼っていて、その彼が、実家に置いて来たパピヨンのマロンちゃんを思い出す様に、いつも、チコとラックを優しく窓から見つめてくれるからです。

d0051614_011581.jpgだから、パパが座る席は、いつも、決まっています。すぐにお店から、出れる席で、且つ、チコとラックを見つめられる席です。そして、彼も、仕事をしながら、実家にいるマロンちゃんを思い出しながら、外で、パパを待つ、チコとラックを見つめます。
東京に上京して、実家で一緒だった愛犬を思いながら、仕事をしている人は多いと思います。連れて来たいけど、連れてこれない事情は、パパは、聞かない事にしていますが、チコとラックをわずかな時間でも、見てもらう事で、少しでも、癒しになればと思いながら、コーヒーをすすります。「ちょっと、パパさんと離れても、心待ちに待っている姿が可愛いですね・・」と、コーヒーのお代わりを注いでくれる彼は、来月には、他の職場に移ってゆくそうです。

d0051614_0221916.jpg

by papikenmama | 2006-11-20 00:05

渋谷のX'mas・・・

d0051614_23423920.jpgおば~ちゃんが、昨日、突然の高熱で病院へ向かいました。検診の結果、風邪をこじらせての熱と判り、自宅で今は、安静にしています。寝込んでいる、おば~ちゃんの邪魔になってはいけないと、静かなケンだけをおいて、チコとラックを連れて、渋谷界隈をお散歩しました。X’masを1ヶ月後に控えた、ハチ公の銅像も、綺麗に磨きが、かかっていました。このハチ公も前で、ケンも小さい頃、幾度も写真を撮りましたが、人ごみの中で、撮る写真は、結構、大変で、特に、リードを一時、離す時は、いつでも、緊張してシャッターを押します。この時も、パパの後ろでは、若い高校生らしき、女の子が、携帯電話のカメラで、チコとラックを後ろからパパラッチ!「おじさん!可愛いチワワちゃんだね!」と声をかけられ、思わず、パパは、「・・・・」。小さいラックがチワワに見えたのでしょうか?それにしても・・なんとも・・


d0051614_235365.jpg駅前のスタバは、数年前は、抱いていれんば、小型犬同伴でコーヒーが飲めましたが、今は、ダメです。しかたなく、最近は、青学近くのお店のオープンテーブルで、コーヒーしています。ここのお店では、働く半分の従業員の方が、大のワン子好き。店内は、愛犬同伴では、入れませんが、オープンテーブルで寒さをこらえてコヒーします。最近、渋谷駅、ハチ公前にオープンした旧東急電車のレトロ車両の画像です。駅前広場に、この車両を置き、車内では、昔の玉電車などの写真パネルが貼られて、待合の人々に憩いの場を提供しています。もちろん無料です。

d0051614_042156.jpgこの電車の車両に昔、乗った事があるパパは、結構、懐かしい気持ちになり、思わず、チコとラックを車両の前に立たせて、記念ショットしてしまいました。渋谷駅の週末は、買い物をする人や、飲みに行く人たちで、ごったがしていました。その中を、2匹のパピヨンが、散歩して歩く姿は、以外と目立ちます。(笑)今年は、お店のイルミネーションも、昨年より、ちょっと、控え気味に見えましたが、これから、道玄坂などの並木にX’masイルミネーションが、クレーンなどを使って飾る準備が行われると、そろそろ、ラックに可愛いいX’mas服を買ってあげたいと思っているパパですが、パパが下手に買うと、ママが、「センス、悪い~!」と、指摘されるので、ママと一緒に買う事にします。(笑)


d0051614_018711.jpg

by papikenmama | 2006-11-19 00:01

200回・・

d0051614_19411359.jpg過日のパピヨン倶楽部静岡支部のオフ会で、当方が、12年間、パピヨンのサークルにかかわっていた間の参加したオフ会が200回目となりました。ケンが生まれて12年間。ケンが3才の時までは、PCを通じて、オンラインミーテインングに参加していました。ケンが外に出る様になり、オフラインミーティングに加わりました。
d0051614_19471695.jpg
その間、いずれ何かの参考にと、オフ会の様子や、出会った方々の印象やメモを取り続けました。熱心に記録したのは、ケンが4才から6才に育っていった年次でした。ノートに手帳に書き印ました。その頃は、オフ会が終わって自宅に帰り、カメラなどをいじりながら、水割り飲んでよく、その日のオフ会の様子をメモしたものです。

d0051614_1953985.jpgそのメモも、ここ2・3年前から、めっきりノートに書き込むメモの手が止まりました。それはHPに代わってブログなどのWEB上に登場した簡易日記コンテンツの登場です。デジカメの登場も画像による伝言コンテンツとして文章より明白な報告手段として活躍している昨今です。当方も、ここ数年は、オフ会が終わると、ノートへの記録は忘れ、デジカメ画像で、その日のオフ会を振り返る様になりました。ただ、改めて、昔のノートのメモなどを読み起こしてみると、なんとも懐かしい人たちの思い出が色あせたページから思い出す事が出来ます。

d0051614_203139.jpg200回のオフ会参加のうち、三分の二以上がケンと同行のオフ会でした。その頃は、毎週末、土日と続けてオフ会に出ており、最初に飼ったパピヨンの先住犬としての面目を十二分に果たしています。
この頃のオフ会は、12~15名ぐらいの可愛いオフ会が中心でした。人数も少数ながら、集まるのも、会場探しも、いとも簡単に開催されて、とても、アットホーム的なオフ会でした。この頃でもケンは、オフ会でも、動かずの君でした。(笑) 

d0051614_20114118.jpgチコが我が家に来て、パピヨンの女の子が、こんなに、パパは、思っても見ませんでした。男の子のケンと違って、チコは甘え上手。そして、大のパパ好きでした。チコが来て、パパがドッグランのボランティアで活動する様になり、パピヨン倶楽部とは、別の愛犬サークルのオフ会にチコは、よく参加しました。パパと、よく遠出をしたにもチコでした。札幌・仙台・静岡・京都などチコはオフ会に出向いています。パパが札幌に単身赴任した時も、毎週末、会議で東京に戻って来て、よくドッグラン・メンバーのオフ会に付き合ってくれました。

d0051614_20195520.jpgそのチコの子供が欲しい~と、ママが訴える事、3年。チコの一粒ダネのラックが生まれました。性格は、まるで、太陽がゼンマイ仕掛けで、活きている様な明るい子。ラックは、まだ、オフ会参加実績は、一桁ですが、いづれ、我が家で一番、オフ会を楽しみにする愛犬として育ってゆく事でしょう。

d0051614_20263928.jpgそして、ドッグランのオフ会を除くと、パピヨンのオフ会には、必ず、ママと一緒でした。ママが、ワン子が大好き。オフ会を見るママの目は、いつも優しいです。パパは、オフ会では、カメラをいじったり、動きまわったり、歳を取るにつけて、子供の様に落ち着かなくなって来ましたが、ママは、よく、オフ会に参加しているワン子を見つめています。その姿には感心します。

d0051614_20362250.jpg愛犬を通じて、オフ会に集まる皆さんは、その生活のかてを、愛犬を通じて、人生を楽しみながら、ご自身を見つめていると言う事です。たわいなく、むじゃきに愛犬と一緒に笑顔で遊び、人間と同じ我が子の様に、優しく愛犬を抱きながら、嬉しそうに語るこの方々には、実際に愛犬と一緒に過ごした事のない人には、ご理解しがたい、愛犬へのいとおしさがあります。

d0051614_20453144.jpg

今回の静パピのオフ会は、その意味で、昔は、よくオフ会に同伴した、おば~ちゃんを一緒にして、久しぶりのファミリー全員での楽しいオフ会の参加となりました。パピヨンを通じて、いつも思う事は、毎日、どんなに仕事に疲れていても、家に帰ると、必ずシッポをクルクル振りながら、待っている、この子たちがいる・・・ ママと一緒の時は、いつも、この子たちが、大きな目をして、我々を見つめている・・ そんな、平凡だけど、幸せな日々が、これからも、長く続く事を願って、東京に戻りしました。
 
by papikenmama | 2006-11-18 19:43

我が愛妻とパピヨン犬3匹の日記でしたが今では、我が家にチコ一頭のパピヨンになりました。今日もパピヨン抱いてママが行きます。 LastUpdates:2009/12/12-2018/03/01


by papikenmama
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る