<   2006年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

KIZUNA

d0051614_17481330.jpg「絆・今、私たちに出来ること」。この言葉は、今年の夏、日本TVの「愛は地球を救う」の番組のテーマです。
毎年の夏に、この番組を見ると、いよいよ今年の夏も終わりかな・・と思う日曜日です。番組の随所に出された全国各地からミニインタビューされた「あなたにとっての絆は?」と言う問いかけに、多くの人が、伴侶の相手を名を名指しで答えていました。
パパも、もし、TVのインタビューでそう尋ねられたら、きっと同じ答え出してしていると思います。
もうママと一緒になって長い年月が経ちました。沢山の思い出を作った様な気がしますが、では、どんな思い出が一番楽しかったと考えると、なかなか一番楽しい事が、すぐに出て来ません。(爆)
でも、パパは一番楽しい思い出が、すぐ出てこなくても、二番三番の楽しい思い出を沢山、これからもママと一緒に作ってゆこうと思っています。そして当然、その中心になるのは、この画像でママが抱き連れている子供たちです。パパとママが、ささいなケンカをした時も、大きな瞳で心配して二人を見つめてくれていますし、楽しくパパとママが話している時には、必ずこの子らが真ん中に割り込んで来ています。その意味では、「パピヨンは私たち夫婦を救う。」です。(笑)
d0051614_175292.jpg
    今日もママとお買い物。二人が目で追うのはパパではなくママなのです。(笑)

絆の思い出・・
by papikenmama | 2006-08-27 17:49

カクテルの味・・

d0051614_7164812.jpg久しぶりにシェカーを振りました。場所は、パピヨンの愛犬家が集まるオフ会でした。
集まったメンバーさん、女性が8割の会場です。
我々の年代は、カウンターで同伴する女性の方に、美味しいカクテルをオダーして、シェカーの音を聞きながら、大人会話を提供する・・そんな青春の一コマを誰も経験している年代ですが、最近の若い方は、目の前でバーテンダーさんがシェイクするお店に行く機会が少ないとも聞きました。そこで、今日は、久しぶりに、パパのシェイカーを皆さんにお披露目です。
暑い夏の日には、冷たくクールなドライジンなどを、じんわりと味わうのも、粋なものです。
今回は、ママもお手伝いして会場の皆さんにメオトカクテルのご提供です。普段、我が家で飲んでいるジン系カクテルの3分の一の薄さが好評でした。(爆) 「パパ!甘みを出して・・」「了解!」
d0051614_7343357.jpg
本来、シェカーの振り方、カクテル酒の計量、グラスの具合など、基本をしっかりマスターが必要なほど、カクテル作りは、奥が深いものなのですが、当方のシェークは、アルコール度優先型の自由型カクテル作り。(笑)
ママと一緒になってから、作るカクテルは、おしゃれ系より、いつも酔いどれ系を重視。(笑)
過日、友人にカクテルを造ってあげると、「これ、ジンそのものじゃない。シェークする必要があるの?(笑)」とのご指摘を受けた経験があります。
そこで、今回は、甘み系の果実酒をジンでシェークしましたが、それでも、最初は、「・・・」とのご指摘。
「あ、これ、美味しい・・」と言われるまでに数人の方のテーストを必要と致しました。(笑)


d0051614_7594194.jpg
   ケンも久しぶりのオフ会参加。ワン子ちゃんより人間さん・・ナデる人はもっと好き!
d0051614_803113.jpg
   今回のオフ会参加の皆さん。夏の日の室内ドッグランで楽しく歓談させて頂きました。

室内ドッグランの様子・・
by papikenmama | 2006-08-27 07:17

軽井沢へ・・

d0051614_623791.jpg今週の頭にファミリーで久しぶりに軽井沢に行って来ました。ラックの育児期間もひと段落となり、ママとおば~ちゃん家族と一緒の賑やかな旅行となりました。
8月中旬を終えたといえ、まだ軽井沢は、どこも大変、混んでおり、暑さも27度と、避暑地としては高めの気候でした。ラックにとつては、初めてのお泊り旅行となりました。
左の画像は、旧軽井沢入り口のアンティークショップでのチコです。チコも昼間は、暑そうに舌を出しぱなしの軽井沢散歩でした。
今回は、まだ小さいラックがいるので、軽井沢から足を伸ばす事はやめて、旧軽と中軽をちょこちょこと動きまわる日程にしました。
d0051614_613470.jpgお泊りは、我が家が軽井沢で定番のペンション・ラモーです。パパが仕事で単身赴任した以降、久しぶりも宿泊でした。ここのペンションのすごいのは、夕朝食の美味しい食事のボリュームです。相変わらず健在な豊富なメニューにご家族のご満悦でした。オナーのママさんとも久しぶりに お会いしました。「もう、22年になりした・・一番上の愛犬は昨年、忙しいGWに22歳で亡くなりました・・・」と寂しいそう長く付き添った愛犬の死を語ってくれました。                    
「22年ですか・・・」とママと顔を見合わせると、「ケンちゃんもまだまだ、おば~ちゃんと一緒に長生きをしてくださいね。」とオナーさん。「ハイ・・」嬉しそうに、おば~ちゃん。

d0051614_622794.jpg
昼間は暑い軽井沢も、さすが朝夕になると心地よい冷たい風が吹いて来ます。
d0051614_624456.jpg
初めて、旅行したラックは、相変わらずのハイパーぶり・・大変、元気でした。
d0051614_631509.jpg
ママさんたちが買い物している間、パパは三匹と某結婚式場の下見に・・・(笑)

パパの軽井沢プチ日記
by papikenmama | 2006-08-23 06:04

パピヨン・ファン

d0051614_134291.jpgパピヨンの飼育者を対象としたモック版の愛読書「パピヨン・ファン PAPILLON Fan」が発行になりました。可愛くて、優雅で活発なパピヨンについての情報が満載してあります。A4版のモック版は久しぶりに発刊です。発行は誠文堂新光社です。編集はお馴染みのDogFan編集部です。パパが加入している「パピヨン倶楽部パパママ会」のメンバーのvivimama&papaさんや、KAZ&kenkenpapaさんが、パピヨン・ライフのページに特枠で組まれて記事掲載されています。パピヨンのお知り会いの方が掲載されるd0051614_13143148.jpgとても嬉しいものです。今回は、洋服・バッググッズやジョカー南町田店で開催されたパピヨン運動会・撮影会も掲載されて約100頭近いパピヨンちゃんが紹介されています。自分の愛パピちゃんが雑誌のページに載るのは、愛犬家にとって、とても嬉しいものです。大勢のパピちゃんが一堂にページを飾っているので、写真を見ているだけでも、楽しいものです。
d0051614_13202596.jpg
今回の特集で大変、面白かったのは、是友パパさんの「パピヨンの絵画に見る華麗なる歴史」の特集記事でした。絵画の歴史とパピヨンの祖先の流れを判りやすく絵入りで説明されています。ケンも、もう12歳・・是友さんと初めてお会いした時、ケンも小さく軽々抱けた頃でした。とても懐かしいですね。あの頃から大変、仲のよいパピヨンご夫妻でした。
by papikenmama | 2006-08-19 13:12

十両・小結・横綱・・(汗!)

d0051614_118353.jpg今日は、我が子、三人は、行きつけの病院で、定期診断です。まず、先生に診断を診てもらう前に、待合室で三人の体重計りです。左の体重は、当然、ラックです。お陰様で順調に育ってくれてます。d0051614_1112677.jpg右のは、チコの体重・・ラックの栄養価の高いフードと横から盗み食いしている結果が、通常より2k増えてしまいました。二人が一緒になって競争して食べるのは良いのですが、ラックのフードはチコには、栄養過多になっている様です。注意しないと・・d0051614_11145879.jpg下画像が、我が家の横綱・・ケンちゃんの体重です。「おば~ちゃん!また、ふ○○みたい!」とパパが叫ぶと、すかさず、「リードを取ってみて!」と合いの手が入りました。確かに、リードを取ると、0.1k減りましたが、パパはリードを取っても、体勢には影響がない様な気持ちになりました。(汗!)ケンちゃんは、しっかり、腰を落ち着けて、「体重増えて、何が、悪い?」と言わんげです。(笑)定期健診の結果、ケンちゃんは、減量大作戦を先生に言い渡されました。「年を考えて
d0051614_1240221.jpg
ダイエット系ドライフードを少なめに・・」「少なめですか・・」おば~ちゃんの肩が瞬間、少し落ちた様にパパには見えました。「おば~ちゃん、仕方がないね。ケンに長生きしてもらう為にも・・」となぐさめるママの声におば~ちゃんも黙って首をうなだれました。 チコはこの病院で帝王切開をしているので先生にお腹を絶対、触れさせません。もう、そろそろ、あの頃を忘れてよいと思うのですが、これがなかなかですね・・待合室に可愛い子猫を助けたご婦人がやって来ました。あと数時間、遅かったたら、助からなかったとの話しでした。この方は、こうしてもう、8頭も可愛い子猫の命を救ってあげているそうです。
また、小さな命が優しい方のお陰で救われました・・d0051614_11375246.jpg籠を、覗いてみると、ミャーミャーと可愛い泣き声を出して、こちら見ていました。
「あなたにとっては、今日は、最悪で最良の日だったね・・」と、おば~ちゃんが言うと、再び、ミャーミャーと可愛い泣き声を出しました。この小さなDNAは、まだ、きっと、自分を産んだ、お母さんのぬくもりを覚えていて、泣いているのではないでしょうか?
病院で待ち続ける、この子を見ていると、我が家の子供たちは、やはり幸せか・・とパパは考えてしまいした。
d0051614_12452297.jpgチコは、病院の待合室にいる間中、ずっと、震えていました。ラックは、逆にノー天気に遊びまわり、ケンは大きな体をソワソワしながら横たえて、おば~ちゃんに目で何かを訴えていました。3人の診察が終わったは、待合室に入ってから、約一時間ぐらい経った後でした。車の中で、やっと安堵したチコは、パパの膝の上で爆睡に入りました。
左は、リードをはずしてまで、厳密な体重を計ろうとするケン。ボクシングの選手みたい。(爆)
by papikenmama | 2006-08-19 11:10

ケンちゃん・・

d0051614_12432535.jpg今日は、ケンとチコとラックを乗せてドライブです。チコとラックはパパの運転席の横。ケンは後ろ座席です。まだケンだけの時は、ケンは常に運転席の横でした。チコが来て、その座席は奪われてしまいました。(笑)ラックはさすが自分の子なのでチコはうるさがりながらも、同じ席に同席しています。ケンも遠慮しないで、パパの横に来ればいいのにとパパは見てて思いますが、パパの前では強気の強いチコは、ケンに席を絶対譲りません。しかたなく、ケンは後席で我慢します。強気のチコと優しいケンの車内での席取り姿は、うちのママとパパの関係を見る様で、パパは思わずケンに「男は我慢・・」と微笑んでしまいます。(笑)ケンを後ろ席に追いやって、ラックを足元に従えるチコの姿は、車内では女王様の様です。ケンは、小さい時からドライブが大好きな子でした。チコが来なかった頃は、いつもパパの横で外の景色を眺めてはご満悦でした。その意味では、我が家が多頭飼いになった事で、ちょっと寂しい気持ちにさせているかもしれません。今度、ケンだけ一人、独占でドライブしようね。d0051614_12551221.jpg  ケンはたまに車内の後の座席を下で寝る時があります。大きな体のケンが、座席の下の間に寝ると、パパの車は突然、広いリクライニング座席となります。(笑)パパは今、ケンの体重が増えている事に大変、心配をしています。ケンはもうすぐ12才になります。動物病院の先生からも、「もう、これ以上は・・食事に気をつけてください。」とイエローカード宣言が出ています。年に見合ったダイエットの食事対策が求められているのです。そこで、ダイエット作戦でのキーマンは、1日ケンと一緒にいるおば~ちゃんの気持ちが重要となります。今まで、おば~ちゃんは、「愛は与えるもの・・」とケンの食事については、栄養過多の与え方をしていたはずです。その考えを本当に、切り替える必要が出て来ました。毎日見ている、おば~ちゃんにとってケンの体重は、「変わっていないです・・」と言い切りますが、週末の度にパパが見るケンの姿は、あまりダイエット効果に功を奏
d0051614_138397.jpg
していない様にも見られます。誰かが、ケンの食事に対して厳しい警告を出さないと、本当に意味でケンに長生きをしてもらう事は出来ません。 1回の食事の量と適宜な運動が大切・・散歩はしている様なので、まずはフード減量・・パパもこの所少しお腹が出て来まし
d0051614_13124650.jpg
た。ケン、パパも、最近、ここのところ、お腹が少し出てきたぞ!(汗!)一緒にやるか!
by papikenmama | 2006-08-12 12:50

海よりラック・・・

d0051614_5582794.jpg今年の夏は、我が家は、まだ何も計画していません。これからの綱渡り計画です。(笑)夏休みの計画が今年は遅れた理由には、パパの仕事の都合がつくのが遅れたからでした。毎年、この時期は海辺にカヌーにと水辺恋しい気持ちのパパになるのですが、今年は、このラックの誕生のお陰で行動範囲が狭まりそうです。パパは一昔、逗子の山側の神武寺と言う所に住んでいました。土日になると逗子の海岸へお遊びに行きました。平日の仕事の疲れを取るには浜辺は、とてもリフレッシュ出来る場所でした。その頃は、よく海辺を見つめては、「将来は仕事を離れ海辺で愛犬と遊ぶ人生を・・」とよく夢みていたものでした。しかし、その夢も今では、遠のき、都会の車の排ガスの中での週末となりました。(笑)ママとよく「波の音を聞きに行きたいね・・」と話しますが、水辺に縁の遠くなった近年では、
d0051614_6141893.jpg機会がある事にカヌーやカメラを持って海辺を求めて出かけました。しかし、それも会社の単身赴任のお陰で、ままならくなり東京に戻って、さあ・・と動き始め様とした時、目にも入れても痛くない様なラックの誕生です。なかなかままならないパパと海辺のご縁ですが、ここは、優先順位をつけて
可愛いラックのために、しばらく水辺遊びは我慢の一字です。チコが誕生した時は、生後4ヶ月ですぐ三戸浜でカヌーに乗せ、色んな湖にも連れて行きましたが、今、ふりかえって見ると、大分、チコに負担をかけていた様な気がします。だから、ラックの場合は、もう、ちょっと大きくなるまで水辺は我慢です。世田谷の写真クラブの小泉さんと言うシルバーカメラマンさんが、「愛犬と海・・・とてもいい被写体だけど、パピヨンは、どうかな?」と疑問視された事があります。やはり海辺には、ラブちゃんやゴールデンとも言いだけでした。「パピヨンも似合うのですよ。」と言い返すと、「・・・・」と無言。(よっし!いつか、ラックを連れてナイスショットをGETしてお見せし様とパパは思いました。)確かに、海とパピヨンの写真・・少ないかも・・(笑)ラック、白浜でも行って見る?
d0051614_6321014.jpg
チコケンを連れてよく遊んだスターンズ・カヌー仲間さんたちです。・・元気してるかな?
d0051614_634361.jpg
パパが命がけで高い崖から撮った白浜の海辺のショット・・(3年前・・)青森の白浜です。
by papikenmama | 2006-08-09 06:07

ハワイでがんばらNight!

d0051614_665491.jpg今日は、パピ仲間でハワイ好きの方が集まって、Tママさんのフラダンスを鑑賞する会を駒沢のハワイアンレストランKulaで開催しました。昨日からの引き続きの「ハワイでがんばらNight!」です。パパとママは、ハネムーン旅行はハワイに行きました。パパは、仕事の関係で若い時、ハワイには相当数出かけていました。パパがハワイに行っていた頃は、まだクィーンビーチ(ワイキキ海岸)などは、混雑しておらず、アラモアナビーチは地元の人だけが泳いでいた時代です。その頃ワイキキの常宿ホテルは、ゲートウェイホテルでした。当時はNW航空会社のクルーなどが泊るリーズナブルなホテルでした。ママとパパとの関係をママの親戚に認知されたきっかけもハワイでした。「あの男性は、結婚を想定内に入れて交際しているらしい・・」とママさん方の実家の人たちが騒ぎ始めた頃です。
d0051614_6234571.jpg「そうです!私は結婚を考えてこの方と現在交際しております・・」と間接的に意志表示するタイミングを狙っていたパパは、ママのイトコがハワイで挙式を上げる事を知り、ママたちがその挙式に参加するためハワイに向った1日遅れでパパも追っかけハワイに向かいました。現地の教会でイトコさんの挙式にママと合流して参列したパパの姿を見たママのお母さんやご親戚の方は、そこでパパがママを「想定内の人・・」と知らしめた形となったのです。パパはママが泊っていたホテルこそ同泊はしていなかったものの、オアフ島に滞在中は近くのホテルから毎朝、ママの泊っているホテルに通いつめていました。そのパパの姿を見たママのお母さんも、二人の結婚があまり遠くない話しだと悟ったと・・と後で、話を聞きました。そんな思い出があるパパとママにとってのハワイなのです。パパとママの新婚旅行は、二人が言
d0051614_6373667.jpg
葉に出さなくてもハワイである事は自然と心で決めていました。ハネムーンのハワイで、印象に残ったのが大きなシダの洞窟の前で見せてくれたハワイアンダンスでした。パパは、それまで何度も見ていたハワアンダンスでしたが、初めてママと一緒に鑑賞するダンスを改めて見ながら「そうか、この人とこれから夫婦するんだ・・」と思い、当時は、まだ厚みのない小さなママの肩に、パパは、そっと手をかけて愛を誓い合ったものでした。そして、時が過ぎ、厚みを帯びて、たくましくなった最近のママの肩に、しばらくパパも触れていない事に気づ
d0051614_6481787.jpg
き、今回のTママさんのフラダンス鑑賞会は、その意味でも、パパとママの若い頃を思い出す一晩となりました。それにしてもTママさんの踊りはとても優雅できれいでした。
d0051614_7531895.jpg
ママ、いつか、落ち着いたらハワイ島直行便で行きましょう!愛犬にチップを入れて・・
d0051614_734033.jpg
「パパ!そんな事、言ってだいじょうぶ?いつものカラ手形じゃないの?」とラック・・

More
by papikenmama | 2006-08-06 06:20

ワン子のハワイ行き・・

d0051614_21464978.jpg川島なおみさんの「シナ・ココALOHA!」の出版記念・トーク会に出席してみました。川島なおみさんが、愛犬のシナとココを連れて、ハワイに旅行に入ったトーク会でした。ワン子を暑いハワイへ一緒に・・しかも、マイクロチップを埋め込んでの旅行です。ワン子と旅好きま愛犬家にとっては、興味しんしんのお話・・・小型犬の苦手な砂浜や、お暑さに、どう対応したのか、興味ある体験を短い時間でしたが、話してくれました。川島なおみさんが行かれた6泊8日のハワイ旅行は、愛犬にとって、どの位負担にかかり、どのくらい素晴らしい思い出になったのか?会場に集まった人たちは、聞きたい所でした。東京→ホノルル片道、ワン子だけで、32400円。検疫手続きサービスや返り便での座席同席などの以外な話しも出て来て、思ったよりも楽しい話を聞く事が出来ました。
d0051614_2205069.jpg
会場は地元の愛犬家以外にも、遠隔地から来た熱心なファンも同席してました。
d0051614_224199.jpg
当然、お帰り時には、「シナ・ココALOHA!」を購読し、本にサインを書いて頂きました。
by papikenmama | 2006-08-05 21:59

駒沢公園ドッグラン

d0051614_4584956.jpg今晩は、駒沢公園のドッグランにチコとラックを連れて行きました。いつも、このドッグランに連れて行くのは、早朝が多いのですが、やはり、暑い夏の夜は、木々の間を流れる涼しい風を求めてドッグランで遊ぶのも、とても気持ちの良いものです。駒沢公園は、正式名称は、「駒沢オリンピック公園」と言われ、その名の通り、東京オリンピックの開催年に多くの施設がオリンピック競技場として提供され一躍、全国的なメジャーな公園として知れわたった都立公園です。そして、この公園の最大の特徴は、愛犬家の公園利用率が都立公園でも特に多い公園として知られています。犬の公園のメッカとして、この公園が愛犬家に利用される様になったのは、やはり、この公園の立地条件にあります。公園の真ん中を横切る駒沢通り・・世田谷区と目黒区の二つの犬の飼育家の多い住宅環境・・そして、
d0051614_5125537.jpg公園付近に多く点在する愛犬のショップと愛犬と一緒に入れるレストランカフェなどが、魅力ある愛犬利用に適した公園として人気となっている理由です。その駒沢公園に、今から4年半前に、ドッグランを作って愛犬を遊ばせてあげたい・・・と都内でも、初めての都立大型公園にドッグラン施設を設ける運動が始まりました。最初は、地元の愛犬の署名活動から始まり、公園関係者への働きかけ、公園に隣接する住民の方々へのご協力やご支援のお願い・・地元区議会議員への陳情と草の根活動が長く続きました。今では、公園ドッグランは社会的にも、公園を利用する新しい機能施設として公然と認知される様になりましたが、開設準備当初は、犬を飼っていらしゃらに方々の反対の動きもあり、公園にドッグランを一つ、設ける事が、大変な啓蒙活動と関係者への認知協力を必要とする作業でした。その活動の中心に
d0051614_526150.jpg
なって支援させて頂いているのがボランティアグループです。「公園にドッグランを作るのはいいが、誰が管理を見る?・・・公園側が施設のしてハードは提供出来ても、運営と言うソフトは、どうする?」と言う反対派の意見に、利用する愛犬家が公園側と提案したのが、ボランティアグループによる共同管理運営方式の試みでした。その後、1年間の試行期間を経て、公園の公式施設として認可される事になります。チコとラックのパパも、このボランティア活動のメンバーには、当初から参加して愛犬を通じて、公園のドッグランの健全な運営活動に微力ながら手伝わして頂いております。今では、空いている夏の夜のドッグランからは想像も出来ないほど、気候の良い春・秋のシーズンには、大変、多くの愛犬家が犬を連れて、このドッグランを利用される様になりました。遠隔地からの利用者多いのも特徴です。
d0051614_5424128.jpg
念願だった夜間の照も設置され、ドッグラン場内に小型犬専用のフィールドも設けられ、少しづつですが、利用者の便宜を図った改善も公園側から、ご支援頂く様になりました。あとは、利用する愛犬家がマナーをよく守り、犬を飼われていない方からも、よく理解される様な健全な利用を愛犬家の皆さんが心がける様に維持できれば、益々、今後、公園でのドッグラン施設が増えてゆく事に関係者のご理解を得る事になり、公共施設での愛犬家の利用便宜度も高まると思われます。「愛犬と考えるドッグラン」「駒沢オリンピック公園ドッグラン
by papikenmama | 2006-08-04 05:07

我が愛妻とパピヨン犬3匹の日記でしたが今では、我が家にチコ一頭のパピヨンになりました。今日もパピヨン抱いてママが行きます。 LastUpdates:2009/12/12-2018/03/01


by papikenmama
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る