十両・小結・横綱・・(汗!)

d0051614_118353.jpg今日は、我が子、三人は、行きつけの病院で、定期診断です。まず、先生に診断を診てもらう前に、待合室で三人の体重計りです。左の体重は、当然、ラックです。お陰様で順調に育ってくれてます。d0051614_1112677.jpg右のは、チコの体重・・ラックの栄養価の高いフードと横から盗み食いしている結果が、通常より2k増えてしまいました。二人が一緒になって競争して食べるのは良いのですが、ラックのフードはチコには、栄養過多になっている様です。注意しないと・・d0051614_11145879.jpg下画像が、我が家の横綱・・ケンちゃんの体重です。「おば~ちゃん!また、ふ○○みたい!」とパパが叫ぶと、すかさず、「リードを取ってみて!」と合いの手が入りました。確かに、リードを取ると、0.1k減りましたが、パパはリードを取っても、体勢には影響がない様な気持ちになりました。(汗!)ケンちゃんは、しっかり、腰を落ち着けて、「体重増えて、何が、悪い?」と言わんげです。(笑)定期健診の結果、ケンちゃんは、減量大作戦を先生に言い渡されました。「年を考えて
d0051614_1240221.jpg
ダイエット系ドライフードを少なめに・・」「少なめですか・・」おば~ちゃんの肩が瞬間、少し落ちた様にパパには見えました。「おば~ちゃん、仕方がないね。ケンに長生きしてもらう為にも・・」となぐさめるママの声におば~ちゃんも黙って首をうなだれました。 チコはこの病院で帝王切開をしているので先生にお腹を絶対、触れさせません。もう、そろそろ、あの頃を忘れてよいと思うのですが、これがなかなかですね・・待合室に可愛い子猫を助けたご婦人がやって来ました。あと数時間、遅かったたら、助からなかったとの話しでした。この方は、こうしてもう、8頭も可愛い子猫の命を救ってあげているそうです。
また、小さな命が優しい方のお陰で救われました・・d0051614_11375246.jpg籠を、覗いてみると、ミャーミャーと可愛い泣き声を出して、こちら見ていました。
「あなたにとっては、今日は、最悪で最良の日だったね・・」と、おば~ちゃんが言うと、再び、ミャーミャーと可愛い泣き声を出しました。この小さなDNAは、まだ、きっと、自分を産んだ、お母さんのぬくもりを覚えていて、泣いているのではないでしょうか?
病院で待ち続ける、この子を見ていると、我が家の子供たちは、やはり幸せか・・とパパは考えてしまいした。
d0051614_12452297.jpgチコは、病院の待合室にいる間中、ずっと、震えていました。ラックは、逆にノー天気に遊びまわり、ケンは大きな体をソワソワしながら横たえて、おば~ちゃんに目で何かを訴えていました。3人の診察が終わったは、待合室に入ってから、約一時間ぐらい経った後でした。車の中で、やっと安堵したチコは、パパの膝の上で爆睡に入りました。
左は、リードをはずしてまで、厳密な体重を計ろうとするケン。ボクシングの選手みたい。(爆)
by papikenmama | 2006-08-19 11:10

我が愛妻とパピヨン犬3匹の日記でしたが今では、我が家にチコ一頭のパピヨンになりました。今日もパピヨン抱いてママが行きます。 LastUpdates:2009/12/12-2018/03/01


by papikenmama
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る