星屑の下で・・

d0051614_4403240.jpg昨晩から渋谷のおば~ちゃんの家に来てケンと一緒に過ごしているチコとラックです。ちょうど隅田川の花火大会が佳境に入っている頃、ママとパパ・・そしてケン・チコ&ラックで、すぐ近くにある青山劇場付近を散歩しました。この晩は風も涼しく吹き、とても散歩しやすい夜でした。青山劇場では、現在、○○の演劇が上演されており、ママと久しぶりに観劇の時間を設けてもいいな~と思ったパパでした。この付近は、国連大学・青山学院大学などもあり、暑い夏の晩でも比較的、涼しいビル風が通り抜ける街並みなのです。青山劇場は1200名収容の客席で、どの席からも舞台がよく見えるように設計されています。ふたつあるステージのうちのひとつがそれ自体大迫りになっており、もうひとつのスライディングステージと併せて、自在な舞台転換を可能にしている劇場なのです。
d0051614_4484566.jpgパパとママは、今から2年前までは、渋谷のおば~ちゃんちに長くお世話になっていました。ラックが生まれる前です。ケンとチコがいつも一緒で散歩していました。ケンもチコとラックと同じ世田谷育ちですが、パパの仕事が忙しくなったの機に、おば~ちゃんの家に預けられパパもおば~ちゃんの家から仕事によく出かけて行きました。ケンは、体の大きいパピヨンですが(7kg)、性格はおとなしく、あまり動かない優しい子でした。そのケンが一番、甘えていたのが、おば~ちゃんでした。パパの仕事が東京で落ち着く様になり世田谷の自宅に戻る時は、もう、ケンは完全に、おば~ちゃん子。優しい、おば~ちゃんに1日中、ぴった付いていたケンは、もう世田谷には戻れない子になっていました。チコは、その点、パパ&ママ子。ラックも無事、世田谷で育て、いつの様にマイペースでパパとママの後を追っかけています。週末になるとチコとラックは渋谷に出かけます。
d0051614_574524.jpg
いつも元気で健康に過ごす、おば~ちゃんの張りと生活の支えにしてくれている最大の功労者は、当然、ケンなのです。おば~ちゃんは、「ケンが活きているうちは、死にきれない・・」とよく冗談を言っていますが、それほど、おば~ちゃんにとってケンの存在は大きなものになつているのです。ケンにとっても、おば~ちゃんのいない日は、考えられない事かも知れませんね。今年で11才になったケンですが、これからも、元気でいて欲しいのです。
d0051614_511074.jpg
ケンは今、病院に通っています。薬を飲ませたり、体を掃除したりするのは、うちのママのお役目です。おば~ちゃんに甘えきったケンは、自分にとって、イヤな事は、おば~ちゃんにやらせません。そこでママの登場です。シャンプー・耳掃除・薬飲ませは、ママだとケンはどう反発しても、無理だと知って観念するのです。ママににらまれたパパみたいに・・(笑)
by papikenmama | 2006-07-30 04:55

我が愛妻とパピヨン犬3匹の日記でしたが今では、我が家にチコ一頭のパピヨンになりました。今日もパピヨン抱いてママが行きます。 LastUpdates:2009/12/12-2018/03/01


by papikenmama
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る